フリーライターいたまり イタガキマリコ オフィシャルサイト

大好きなジャニーズグループ 嵐を語る!~自分の短所を強みに変えるということ~

2018/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
宮城県仙台市近郊を拠点に活動しているフリーライター。宮城県在住。現在は主にネットにて執筆中。紙媒体も募集中。 得意分野は、エンタメ系・乗り物系全般・iPhoneなどガジェット系・子育て系・地域に関すること等。 一眼レフカメラ(CannonEOSkissX9)を所有し、取材、インタビュー、撮影もこなす。 ブログでは、仕事のこと、体験取材記事を中心に、大好きなことについて、レビュー記事などさまざまな記事を執筆。 詳しいプロフィールと執筆実績は、サイト内のそれぞれのページに掲載。




こんにちは。フリーライター・ブロガーのいたまり ことイタガキマリコ

@itamari_DB_ar_g)です。

今まで、このブログで大好きなことを語ってきましたが、そういえば嵐について語ってなかったな、と思い、今回は大好きな嵐について書きたいと思います。

今回のテーマは、【自分の弱みを、強みや個性に変える】です。

まずは、嵐ってどんなグループ?

改めて、嵐というグループについての基本情報です。

リーダー:大野智(37)

櫻井翔(36)

相葉雅紀(35)

二宮和也(34)

松本潤(34)

この5人からなるグループで、1999年にデビューしていて、今年でデビュー18年目です。

メンバー達は、ジャニーズジュニアの頃からずっと一緒で、その時期を加えると、この5人は20年以上一緒にいることになります。

嵐の最新アルバムがこちら。なんとタイトルは、タイトルがないという意味のアンタイトルです。
今までにない新しいことに挑戦しています。

created by Rinker
ジェイストーム
¥2,831 (2018/12/10 12:30:23時点 Amazon調べ-詳細)

嵐の凄いところ

嵐が凄いと思うところはたくさんあります。

まず、仕事云々とかではなく、基本的なところから。

  • メンバーそれぞれの個性がバラバラ。でも、それぞれがそれぞれを尊重し、一つのグループとして成り立っている。
  • 5人とも、ともすれば短所、弱みになる部分を長所、強みに変える力がある
  • 5人全員が(勉強ができるという事ではなく)頭がいい。頭の転換が早いし、周りをとてもよく見ている。
  • 全員、それぞれ得意な部分で、役割分担が成り立っている。そして、それを全員が認め、信頼している。
  • メンバーが仲良し。でも、ベタベタしていたり、依存しあっている感じではない。

 

メンバー全員個性がバラバラ。でも一つのグループになっている。

嵐って、とにかく5人の個性がバラバラなんです。例えば、リーダーの大野君はダンスや歌がとにかく上手いけれど、普段はのんびりマイペースで、メンバーにすらおじいちゃんと言われることも多々(笑)。

櫻井君は嵐で唯一ラップを作詞し、歌います。そして、嵐内で司会進行をするのも櫻井君が多いです。そして、とにかく笑い上戸。いつもゲラゲラと楽しそうに笑います。

相葉君は、とにかく天然で、ちょっぴりおバカといわれています。料理がとても上手くなりました。

二宮君は、とにかくゲーム大好きで、お金大好き!これは、よく本人が口にしています(笑)

松本君は、ファンから言わせると、とにかく可愛いのです。相葉君とはまた違った天然ボケの人です。5人とも、大きく言うとギャップが激しい人達です(笑)

5人とも、まぁ見事にバラバラですよね。それでも、この人はこういう人、と認め、尊重し、嵐という一つのグループとして成り立っているのです。




5人とも短所になりそうなところを長所、強みに変える力がある

今回の一番のテーマがこれです。これは、普段の私達にも必要な力だと思います。嵐の5人は、それぞれ、ともすれば短所になってしまいそうな部分を、長所や強みに変えてしまう力が凄いのです。

1人ずつ挙げてみましょう。

①大野君

彼の短所になってしまいそうな部分は、のんびりマイペースで、ともすればやる気がなさそうに見える部分だったり、釣りに行って、凄く真っ黒になってしまうところ(笑)。

彼は釣りが大好きで、急に行き、何十時間も釣りをし、見事に真っ黒になります。それでも、マイペースだったり、やる気がなさそうに見えても、≪大野君だからね≫≪大野君らしいよね≫となるのです。

②櫻井君

彼は結構見方によっては短所になってしまう部分が多かったりします。高所恐怖症だったり、私服がダサかったり、料理が全く出来なかったり。

彼が番組で、包丁で物を切ると、観客から悲鳴が上がります(笑)頭がとにかくいいのですが、天然だったりします。

櫻井君は、上記の全てを、自分の強み、個性に変えてしまうのです。しかも、怖い時は怖い、出来ない時は出来ない!とはっきり言うので、そこで笑いが起きたり、櫻井君らしいね、となります。

③相葉君

彼は、とにかく天然で、ミラクルボーイと呼ばれています。ミラクルを良く起こす男です。

もう、ファンの中で、相葉君イコール天然、という認識なので、相葉君がどんなボケ発言をしても、メンバーも笑って、ファンも笑う。もちろん、馬鹿にする笑いではなく、楽しい笑いが起きます。

普通の社会にいたら、その天然や、いつもニコニコと笑っている天真爛漫さが、短所になっていたかもしれません。

それでも、相葉君は、その天然さと、天真爛漫さで、嵐のメンバーに愛され、他の人達にも愛されているのです。相葉君のことを、他のメンバーは、癒されるし、笑えるけど、頭にくることはない、イライラすることはない、邪気がない、と言います。

④二宮君

彼のともすれば短所になってしまう部分は、お金大好き!を公言しているところと、飄々としているところと、ゲームが大好きすぎるところ。

つまり、先ほど彼の個性だ、と書いたことが、見方によっては短所になってしまう部分でもあるのです。

でも、ファンは、短所とは全く思わず、≪二宮君らしい≫ととらえるのです。また、時にはあざとい、と思われることもあります。しかし、本人もファンもそのことをわかっていて、うまくプラスに、自分の強みにしているのです。

⑤松本君

彼の短所になってしまう部分は、いわゆる不器用なところです。とにかく不器用なのです。

また、顔が濃いということも、よくネタにされますね(笑)それでも、ファンは短所だなんて全く思わないのです。

また、以前のドラマや映画のキャラのイメージからか、俺様なイメージがある方もいます。しかし、そのイメージも松本君はプラスにとらえてしまいます。

 



どうやって短所や弱みを自分の個性や強みに変えられたのか

嵐の5人が、弱みとなるところを強みに変えた、その方法はいくつかあります。これはあくまで私の考えですが、まずはそれぞれが自分の弱み、というか素の部分をさらけ出したことが一番です。

特に、嵐の個性がバラバラで、自分の素をさらけ出しても、ツッコんでくれる人がいたり、自分が出来ない事を出来る人がいたり。つまり、1人ではなく、5人だったから出来たことかな、と考えます。

私達の場合、まずは出来ない事は出来ない、苦手なことは苦手とハッキリ言うこと。そして、頼ることも必要なんだと思います。

何よりも、短所も見方を変えれば、長所や強みになるのです。

まとめ

私はいつも嵐を凄いな、勉強になるな、と思いながら見ています。今回は、自分の弱みを強みや個性に変える、ということを書いてきました。

誰でも、長所があれば短所もあります。この短所を、どれだけ自分の個性や強みに変えられるか。それで、人間関係や仕事も変わってくると思います。

また機会があったら、大好きな嵐を、別なテーマで書いてみたいと思います。

長くなってしまいました。読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

《嵐に関する記事》

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宮城県仙台市近郊を拠点に活動しているフリーライター。宮城県在住。現在は主にネットにて執筆中。紙媒体も募集中。 得意分野は、エンタメ系・乗り物系全般・iPhoneなどガジェット系・子育て系・地域に関すること等。 一眼レフカメラ(CannonEOSkissX9)を所有し、取材、インタビュー、撮影もこなす。 ブログでは、仕事のこと、体験取材記事を中心に、大好きなことについて、レビュー記事などさまざまな記事を執筆。 詳しいプロフィールと執筆実績は、サイト内のそれぞれのページに掲載。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© スマイル!~同じ空の下で~ , 2017 All Rights Reserved.