私が経験したランサーズとクラウドワークス失敗談。焦らずいこうと決めました。

スポンサーリンク
ライター関連
スポンサーリンク

(アイキャッチ画像→ぱくだそ)

今回は、私が経験したランサーズとクラウドワークスでの失敗談について書きます。皆さんもこの失敗談を読み、こういったクライアントや案件に引っかからないようにしてくださいね。

新しく登録し直したランサーズとクラウドワークスで悪い案件に引っかかってしまった

私は今年の1月、別のIDを使用するためにランサーズとクラウドワークスに新しく登録し直しました。そのサイト内で、いわゆる悪い案件、ブラック案件に引っかかってしまったのです。

きっかけは両サイト上で届いたメッセージ

きっかけは、両方のサイト上で届いたメッセージでした。クラウドソージングサイトでは、クライアントさんはランサーに『ちょっとした相談』といった内容のメッセージを送ることができます。

私に届いたメッセージは、そういった内容のものでした。そして、ランサーズとクラウドワークス、両方に違うクライアントさんから、いくつかのメッセージが届いたのです。 つまり、ランサーズとクラウドワークス、両方にブラッククライアントやブラック案件が蔓延しているということなのです。

今考えると、そのたくさん届いたメッセージは、完全にブラックで、規約違反のメッセージだったのです。そのメッセージを読み比べてみると、とっても文章が似ていることに気づきました。今なら、絶対に引き受けません。

しかし、私はその案件を引き受けてしまったのです。しっかりリサーチもせずに。

クラウドソージングの実績を作らなきゃ!ととても焦っていた

先ほど書いた通り、私は今年の初めにサイトに登録し直しました。すなわち、実績がゼロなわけです。クラウドソージングの仕事をするにしても、それ以外の仕事をするにしても、実績が一番モノを言います。だからまずは実績を作らなきゃ!と焦っていました。原因は、その焦りの強さと、もう一つありました。

メッセージの書き方が、いかにも簡単!しかも稼げる!という書き方。でもよく見ると金額が変

サイト上で届いたメッセージを読むとブラックな、規約違反のメッセージには、こんな文章が並んでいました。

  • ○○サイトの専属ライター募集!
  • 月○○万稼げる!
  • ○○に関する記事を書いて頂きます。マニュアルがあるから簡単です!
  • スタッフがいつでも質問に答えます!

等々。そしてほぼ同じじゃないか!と思ったのが以下の表記でした。あまりにも同じ文章だったので、ちょっと引用。

1500文字〜:1200円〜/1記事
3300文字〜:2400円〜/1記事
5000文字〜:3600円〜/1記事
7000文字〜:4800円〜/1記事
9000文字〜:6000円〜/1記事

こんな感じで、必ずと言っていいほどこのような金額が書いてあるのです。

そして、以下の文章もほぼ同じ内容でした。

  • Gmailアドレスを使って、以下のサイトでライター登録をしてください。
  • 本契約後はチャットワークを使用します。IDをお知らせ(または作成)してください。
  • 応募の際、料金を○○円(数百円単位)と入力してください。もちろん、書いた記事の数によって修正してお支払いします。

実際に応募してみると、こんなことを言われた

さて、実際に応募してみると、こんなことを言われました。ざっとまとめます。届いたメッセージや案件の募集内容に、以下のことが記載されていたら要注意です!

別サイトやツールで執筆、支払い金額や振り込み金額に指定あり等の案件には要注意!

  • こちらのサイトで執筆して頂きます。Gmailアドレスを使用して登録してください。(別サイトの案件をいくつか受けましたが、明らかに同じサイトでした。)
  • 支払いは、5000円以上になります。5000円以下の場合は、次の月に繰り越しさせて頂きます。(こちらも全ての案件が同じ条件でした)
  • 銀行振り込みは、3万円以上になります。(ツイッター経由の直接契約だったので支払い方法は銀行振り込みのみ。3万円になるまで振り込んでくれないということ)

他にも、明らかに規約違反だろ、という文章がわんさかチャットワークのチャットで送られてきました。

しかも、契約します、と言ったのに、チャットワーク上でだけどんどん話が進み、クラウドソージングサイトでの契約は全くしないまま。私が引き受けます、と返信したメッセージで止まっているクライアントさんばかりだったのです。

このことから、ブラッククライアントや、ブラック案件では、先にチャットワークのIDを聞いてきて、どんどんチャットワークで話を進めてしまうという担当者も結構います。

いろいろ調べてみたら、どんどん出てくる変な部分。

そういったクライアントさん達から届く内容をいろいろ調べてみたら、規約違反ばかり!ということが分かったのです。かつ、ブラックで、文字単価もとても安いことに気づきました。

このままでは、私はただ疲弊してしまう、ということが分かったのです。

その後、規約違反の内容を送ってくるクライアントさんは、こちらから辞退することを伝え、契約はそこで終了となりました。

幸運だったのは、両サイト上での契約をしていなかったことです。

まとめ~これからは、しっかりリサーチもして、話も聞きます。

今回の事で、どういったメッセージは怪しいか、ということがわかりました。さらに、これからはもっともっとしっかりリサーチして、かつ、簡単にやります!という前に、詳しい話を聞こう!と決めました。

ランサーズやクラウドワークスをはじめとしたクラウドソージングサイトでは、在宅で仕事が出来るし、お金を稼ぐこともできます。しかし、変な案件を受けてしまうと、稼ぐどころか自分が疲弊してしまうだけ、ということになりかねません。皆さんも、是非気を付けてくださいね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました