岩手県の有名なお蕎麦屋さん『青葉直利庵』の天ざるがおいしい!~岩手旅行・有名な蕎麦~

スポンサーリンク
行ってきた・体験レポート・取材
スポンサーリンク

今回から、岩手旅行の細かい体験記事を書いていきます!

初日の昼食は、有名なお蕎麦屋さん『青葉直利庵』へ!

青葉直利庵はおいしいととても有名で、県外からもお客さんが来るというお店です。私達が食べに行った時も、お店はほぼ満席。私達が無事座れた後も、どんどんお客さんが入ってくる、という状態でした。

青葉直利庵で特に有名なのが、天ざるです。といっても、それ以外の情報はあまり知らないまま、家族全員が天ざるを食べることになりました。普通と大盛りがあるのですが、私達は全員普通を頼みました。この理由を後で知ることになります。

しばらくして出てきた天ざるは、まるでうどんのよう!

しばらくして、全員分の天ざるが運ばれてきました。それを一目見て、初めて見る家族全員が「ええっ!?」と思わず声を上げました。

なぜなら、蕎麦1本1本が凄く太くて、まるでうどんのようだったからです。「これ、蕎麦なの?」思わず私は聞いてしまいました。父は「いいから食べてみなって!」と言いました。さらに、普通盛なのにも関わらず凄い量が盛られていて、(これで普通!?)とここでも驚いてしまいました。




まずは天ぷら。サクサクですごくおいしい。えびもプリプリ!

まずは天ぷらを食べました。サクサクとしていてとても美味しいです。食べてすぐ、つい、いい音!と心の中で言ってしまいました(笑)

エビ自体も、とても大きくてプリプリで、これは天ざるが有名になるわ!と納得しました。



太いけれど、味はしっかり蕎麦。麺つゆもおいしい!

次にお蕎麦を食べました。いざ食べてみると、味はまさに蕎麦!太いだけにコシが強く、味もしっかりしていて、蕎麦だけを食べてもとても美味しいのです。太いのでしっかり噛まなければならないのですが、まさに噛めば噛むほど味が出るとはこのこと。

そして特に美味しかったのが麺つゆです。太いし、量も多いのに、美味しくてどんどん食べてしまい、完食してしまいました。

蕎麦を食べ終わった後の蕎麦湯もとてもおいしかった!

蕎麦を食べ終わった後にどうぞ、と蕎麦湯も頂きました。蕎麦を煮た湯を麺つゆにかけて、麺つゆを飲むものです。先にお蕎麦を食べる時に写真にある赤い辛いものを入れているので、ピリ辛なんですが、少し味が薄まり、美味しい!

まさかのほぼ全部飲んでしまいました。

宮城にもこのお店はあるのですが、青葉直利庵で食べられて本当に良かったと思いました。

青葉直利庵の場所について

青葉直利庵は、住宅街の中にあります。「国道342号線」を入っていった小さな道路に、直利庵という看板があるので、その隣の駐車場に車を停めます。駐車場は狭いので気を付けましょう。また、小さいお店なので見逃さないようにしてください。

こんな感じの看板があります。

住所はこちらです。

青葉直利庵

〒021-0031 岩手県一関市青葉2丁目9−11
電話 0191-23-2291

日曜日が定休日です。営業時間は11時~16時まで。臨時休業になるときもありますので、お店に行く前に電話で確認すると良いですね。

まとめ

父の勧めで青葉直利庵に行きましたが、本当に行ってよかったです。てんぷらもお蕎麦もとても美味しかったです。こんなに太いお蕎麦は初めて食べました。皆さん、是非食べに行ってみてくださいね!

国内旅行なら、JTBもおすすめです!

【関連記事】




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました